朧げな何か

無意識にアクセスしたいと歩き回る日々