読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朧げな何か

無意識にアクセスしたいと歩き回る日々

ランニング時の熱中症対策

早朝や夜などに走れればいいのだが、現在時間がとれるのは、高温注意報発令中の昼時しかない状態。先月、観光地で熱中症になり、地元の方に救助されるという不手際を起こしたばかり、ということもあって、念入りに熱中症対策を施すことにした。

見知らぬ道を走る

今まで一度も通ったことがない道をあれこれと進んでいたら、知らぬ間に10kmほど走っていた(半分くらいは歩いていた)。

赤信号と血に飢えた野獣

日の出前の早朝、息も絶え絶えにランニングしていると、赤信号の明かりで照らされた建築物が気になって仕方がない時がある。

ランナーは家を買う夢を見るのか

早朝からまったく車が通りそうにない農道を軽快に走るランナーを見て、心の底から羨ましいと思った。

ランニングを続けるコツ

走る距離も伸びず、体重の方も増えもしない代わりに減りもしない、まさに停滞中のランニング。サボる日も以前に比べ増えている。