読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朧げな何か

無意識にアクセスしたいと歩き回る日々

FUJIFILM X70を使用して一週間



f:id:karibusatanyu:20160522164738j:plain

RICOH GRの中古品を購入しようとマップカメラで中古品をチェックするも、半年ほど前にはズラリと並んでいたはずのRICOH GRの中古品が姿を消していた。途方に暮れていたところ、FUJIFILM X70の中古品が売られていたのを見つけかなり無理をして購入。

RICOH GRとFUJIFILM X70のスペックはほとんど同じ。もうRAWでしか撮影しない僕にとってFUJIFILMの「フィルムシミュレーション」もアドバンテージにはならないが、それでもRICOH GRに比べ優位性のようなものを感じたのでメモ程度に。

  • レンズ構成で歪みを補正しているので、RICOH GRに比べ撮って出し段階での歪曲収差が少ない。
  • レンズが沈胴式のせいかセンサーにゴミが混入する率が異様に高いRICOH GRに比べ、FUJIFILM X70はレンズが沈胴しないのでゴミが混入する率が低い。
  • 片手でほとんどの操作が行えるRICOH GRだとつい片手で撮影してしまい、PC画面を見て初めて微ブレ写真を大量生産していたことに気づくのだが、FUJIFILM X70の場合、その心配はない(操作性は完敗)。
  • ただマニュアルでのピント合わせは、FUJIFILM X70の方が圧倒的にしやすい。一眼レフカメラ感覚で行える。RICOH GRの場合、マニュアルでのピント合わせは極力させたくない、という頑な意志が伝わってくるほど操作が面倒。

f:id:karibusatanyu:20160522164737j:plain

ノイズ処理はスタンダードのまま、現像段階でも手をつけない主義(ノイズが結構好きなため)なので、ISO6400ともなるとさすがにノイズまみれ。だが、街灯にべっとりなパープルフリンジが発生することもなく好印象。

f:id:karibusatanyu:20160522164736j:plain

個人的な見解だが、Macの写真アプリとの相性も良好な模様。