読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朧げな何か

無意識にアクセスしたいと歩き回る日々

立ち止まってからカメラを構え撮影する、という行為から解放された

写真について


前々から「立ち止まってからカメラを構え撮影する」という行為に嫌気がさしていた。だが、下記のカメラに出合いそれらの行為から解放された。

カメラ部と液晶画面付きのコントローラー部が分離するのが特徴のカメラ。オプションとともに使用すると、バッグや腕にカメラ部を取り付けることが可能なため、歩きながらでも撮影できる。

もう解像度とかノイズとか別にどうでもよくなっているので、エントリークラスのコンデジ画質、しかも広角単焦点レンズ(デジタルズームはできる)でも納得。防塵防滴というのも心強い。


f:id:karibusatanyu:20170215214750j:plain

f:id:karibusatanyu:20170215214747j:plain

  • 水平がとれない(たとえ電子水準器があっても僕のような使い方だと難しい)
  • 多発するローリングシャッター現象(高速に動く被写体だけでなく歩きながら撮るので止まっている被写体も歪む時がある)
  • トイデジタルカメラ並みのタイムラグ(分離したコントロール部ではなくカメラ部のシャッターを使ってもタイムラグがある)
  • カメラ部の電源を切ると設定(露出補正やエフェクトなど)のほとんどが初期化される

など、使い手によっては致命的な欠点があるカメラだが、僕はそれらを欠点を差し引いても余りある魅力があるカメラだと思う。

f:id:karibusatanyu:20170215214751j:plain

f:id:karibusatanyu:20170215214753j:plain

f:id:karibusatanyu:20170215214748j:plain

f:id:karibusatanyu:20170215214749j:plain

f:id:karibusatanyu:20170215214752j:plain

f:id:karibusatanyu:20170215215455j:plain